受験の準備の時期

中学受験をいつから始めるべきか悩んでいる方は多いでしょう。 一般的には小学校4年生の頃から始めることが多いようです。 受験で4科目の試験を受けることになるならば、やはり準備期間としては3年程度があった方が良いようです。 たとえば通信教育では3年生や4年生からのコースが用意されているところが多いです。 そのため、実際に中学受験を意識するのは基本的には4年生の頃からで良いでしょう。

また、どこの中学校を受けて、そこでは試験科目に何が含まれているのか、試験の難易度などをチェックしておくことは大切です。 難関校であればかなり長い準備期間を用意しておいた方が有利となるでしょう。 ただし、子供にとって中学受験のための準備に2年も3年も費やすというのはかなりの負担となります。 子供というのは大人と比較すると時間の感覚がかなり長くなっているものです。

そのような時期に2年も3年も受験勉強をさせることによる悪影響もきちんと考えておくべきでしょう。 子供がどのような性格をしていて、どの程度の成長をしているのかを確かめておくべきです。 学校での学習状況もチェックしておきましょう。そうすることで受験準備を始める適切な時期を見極めることができるのです。

最新記事